メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の診断基準

では、どうなったらメタボリックシンドロームと診断されるのか、診断基準をご紹介します。

まず、内臓脂肪の蓄積が必須項目となっています。
具体的にいうと、おへその高さの腹囲(ウエストのくびれた部分ではありません)が、 男性で85cm以上、女性で90cm以上あると内臓脂肪の面積が100cm2に相当すると考えられ、

これに加えて以下のリスク項目のうち2つ以上を満たした場合、メタボリックシンドロームであると診断されます。

@高血糖: 空腹時血糖110mg/dL以上
A高血圧: 収縮時血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上のいずれか、又はいずれも満たすもの
B高脂血症: 血清 中性脂肪 150mg/dL以上か、血清HDL コレステロール 値40mg/dL未満のいずれか、又はいずれも満たすもの

※高トリグリセライド血症、 低HDLコレステロール血症、高血圧、糖尿病の薬剤治療を受けている場合は、それぞれの項目に含める。


美容健康情報サイト
ボトックスで美しくグルコサミンで関節痛対策
| アスタキサンチンでアンチエイジングLカルニチンの効果効能
| 豆乳おからクッキーダイエットアサイベリージュースで健康に背中にきびのケア方法